風しん抗体検査・予防接種費用の助成

風疹に免疫のない女性が妊娠中に風疹にかかると、風疹ウイルスが胎児にも高率に感染し、心臓や視力、聴力に障害をおこしたり、流産をひきおこす場合もあります。

出産直後も、母胎から免疫が胎児へ移行するため感染を防ぐことができます。

予防接種の制度が変更になるなどした、1979年~1987年生まれ(2015年5月現在で27歳から36歳)の女性で今後、妊娠出産を予定されている場合は、一度風疹抗体価を測定しておくことをお勧めします。

現在、東京都北区にお住まいの方は、無料で風疹抗体価を測定し、抗体価が低い(免疫が不充分な)場合は、風疹ワクチンもしくは、MR(麻疹風疹)ワクチンの接種も無料で受けることができます。

抗体価測定は、事前に、北区健康いきがい課に申し込みが必要です。

【申込先】北区健康いきがい課健康増進係 電話 3908-9016

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>